フッ素塗布

 

フッ素塗布は虫歯になりにくくする効果があるとされています。

 主な効果は3つ

 

・歯の再石灰化を助ける(初期の虫歯を治す)

・歯の質を強化して虫歯菌がつくりだす酸から歯を溶けにくくする。

・酸の生成を抑制する(虫歯菌の活動を抑える)

 

 

 

フッ素濃度

 

最近はよく歯磨き粉や洗口剤にもフッ素が含まれていますが、

これらに含まれるフッ素濃度は800~900ppmと低濃度です。

長期にわたり使用して効果があらわれます。

おもに菌による酸の生成を抑制し、歯の再石灰化を助けます。

 

医療機関で使用するフッ素は9000ppmと高濃度で

歯質の強化が大いに期待できます。

年に2回の塗布なので回数も少なく、高い効果をのぞめます。

 

 

 

お子さまのために

 

子どもの生えたばかりの永久歯はまだ表面が弱く、非常に虫歯になりやすい歯です。

そのため永久歯が生えてから2~3年はフッ素塗布を行い、歯質を強化し

虫歯から歯を守る必要があります。

 

 

〒277-0842 千葉県柏市末広町1‐1 柏高島屋ステーションモールS館専門店8階       

長野歯科医院 ☎ 04‐7148‐2080

Copyright ⓒNAGANO DENTAL CLINIC.All rights reserved.