レジン充填

 

虫歯になった歯質のみを削り取り、歯と同じ色(白)の詰め物をする治療です。

プラスチックのような材料なので固いものを噛むと欠けることがあります。

また、経年劣化して変色(黄ばみ)していくので、その時は詰め直しが必要です。

術後すぐは審美性にとくに優れています。

 

症例A

写真①の矢印の辺りの歯質がほんの少しですが透けて黄色っぽく変色がみられます。

インレー(金属)と歯の境目からインレー内部が二次的に虫歯になっているようです。

慎重に観察しないと発見が難しいタイプの虫歯です。

保険治療で入れるインレー(銀歯)は金属の延びが悪く、腐食していくため境目から虫歯になるリスクがあります。

 

 

写真②はインレー(銀歯)を除去した状態です。

インレーのなかで歯が溶けてドロドロになっています。

かなり大きな虫歯です。

 

写真③は虫歯の部分を取り除いた状態です。

穴はひじょうに深く、虫歯が歯の神経に近接していました。

もう少し虫歯が進んでいたら歯の神経を取る治療が

必要になるところでした。

 

写真④はレジン充填後です。

治療の跡もわからない程に綺麗になりました。

 

 

 

症例B

 

術前はインレーの腐食により境目が軽度に虫歯になっています。

この治療では、インレー除去後に虫歯を取り除きレジン充填を行っています。

歯と同じ色のレジンを選び詰め物をしたので術後はとても自然です。

・インレー修復

 

・CR修復

 

根管治療 

 

虫歯が歯髄(神経)まで及んでいた場合は、細菌感染した神経を取る治療が必要となります。

神経の治療後に土台を入れて被せものを作成していきます。

この根管治療(神経の治療)は家を建てる際の基礎工事と同じようにとても重要な治療となりますので、当院では特に慎重に治療をおこなっています。

〒277-0842 千葉県柏市末広町1‐1 柏高島屋ステーションモールS館専門店8階       

長野歯科医院 04-7148-2080

Copyright ⓒNAGANO DENTAL CLINIC.All rights reserved.