現在の保険治療の制度では、虫歯の治療を行うと臼歯部は銀歯での治療となっています。(小さい虫歯は除く)

患者様とお話をしていると「虫歯の治療が終わったら、口の中が知らない間に金属だらけになってしまった」というお話をよく耳にします。

口を開けると銀歯が見える状態だと安心して笑うこともできません。

当院では銀歯を白くする治療を行っています。

 

アートグラスインレー(歯の一部分の小さなかぶせもの)

 

セラミック粒子とレジンを混ぜたもので作られた詰め物です。ハイブリッドセラミックインレーとも呼ばれています。

 

セラミックよりも柔らかく、対合歯(噛み合う相手の歯)に負担がかかりにくものです。

 

保険の詰め物と比べ、変色はかなり少なく強度も高いですが、金属のインレーに比べると耐久性はやや劣り、破折することがあります。

 

メタルボンド(クラウン・ブリッジ)

 

一部分のインレーとは違い、歯の全周を削って、全周をかぶせるクラウンです。

かぶせものの内面に金属を使い、外側にセラミックを焼き付けるタイプのクラウンです。

内面に金属を使っているため、強度があり、オールセラミックのクラウンより破折しにくいのが特徴です。

 

メタルボンドはオールセラミックに比べ、歯の透明感が再現しにくいといわれていますが、当院では歯科技工士の高度な技術により、透明感・色調の再現性をとても高くすることが可能になりました。

強度と色調の問題を同時に解決できる治療となっています。

 

また、経年による変色はありません。

もし変色してもそれはセラミック自体の変色ではなく、表面についた色素の汚れなので

クリーニングですぐに落とすことができます。

メタルボンドはブリッジの治療でも適応できる材料です。

オールセラミックはブリッジには使えません。

術前では真ん中の歯の神経が死んでしまい著しく変色しています。

術後は変色した歯にメタルボンドを被せて綺麗に生まれ変わりました。

歯の先端の透明感まで精密に再現されました。

ジルコニア(クラウン・ブリッジ)

 

ジルコニアという材料は金属をまったく使わずに歯を白く作ることができて、その強度も金属と同じくらいの強度をもちます。

金属と同じくらいの強度なのでブリッジに使うことも可能です。

金属アレルギーの方におすすめです。

術前では加齢により歯の付け根が痩せ細り、また毎日のブラッシングにより歯の付け根が削れ、へこんでしまってます。

術後は歯の付け根がふっくらと若々しく回復しました。

〒277-0842 千葉県柏市末広町1‐1 柏高島屋ステーションモールS館専門店8階       

長野歯科医院 ☎ 04‐7148‐2080

Copyright ⓒNAGANO DENTAL CLINIC.All rights reserved.