歯科治療・小児歯科なら柏駅西口の歯医者

〒277-0842 千葉県柏市末広町 1-1 柏高島屋ステーションモール8階
JR「柏駅」、東武アーバンパークライン「柏駅」西口直結

診療時間
10:00~18:30 ×

※土曜・日曜・祝日も通常通り診療しております。
休診日:水曜
LINEでの予約確認・変更を受け付けております。
※来院時に専用コードより友達追加をして頂く必要があります。

ご予約・お問合せはこちらへ

04-7148-2080

当院の審美歯科(白い詰め物・被せ物)

※自費診療です

経験17年以上、年間120症例以上の実績

白い詰め物や被せ物といった審美歯科治療は、これまで年間120症例以上(※)を手がけ、この分野で17年(※)の経験がある院長が担当します。

院長が審美歯科治療をこれほど数多く手がけてこられたのは、当院の立地に理由があります。デパート内にある当院には、口元への美意識が高い患者さまが多数ご来院されるため、白い詰め物や被せ物の経験を存分に積むことができたのです。もちろん、経験するだけでなく技術もしっかり磨いてまいりました。その経験と技術で、私どもは自然で美しい見た目の詰め物・被せ物をご提供いたします。

また当院の院長は、白い詰め物・被せ物の治療において、型取りのために歯の形を整える「形成」という工程にも確かな技術力を持っています。この形成がうまくできない場合、歯科技工所で作製した詰め物・被せ物がきちんと歯にはまらず、隙間ができてしまうことも。隙間があると、割れやすいなど強度面で不安が生じ、詰め物や被せ物の治療自体が最初からやり直しになってしまいます。私どもの院長は、この形成の技術を磨き上げてきたため、やり直しが発生しないと歯科技工士からも評判です。

豊富な経験と、その中で培った確かな技術力で、白い詰め物・被せ物をご提供します。安心してお任せいただけることと思います。

お口の状況に合わせた削り方にこだわります

白い詰め物・被せ物を長くお使いいただくために、当院では詰め物・被せ物の土台を作る際、歯の削り方にこだわっています。

ひと口に「削る」といっても、保険を適用した銀歯の場合と、自費で行う白いセラミックの歯の治療の場合とでは、実は削り方に大きな違いがあるのです。その違いを考慮せずに削ってしまうと、詰め物や被せ物を装着した際に小さな隙間や段差が生じ、すぐに割れやすくなります。

当院では、詰め物や被せ物が割れたり欠けたりせず長持ちするように、セラミックの性質をきちんと理解した上で、その材料や患者さまの歯ぐきの状態に合わせて歯を削ります。

患者さまのご希望に合わせた被せ物をご提案

神経を取りたくない、見た目を重視したいなど、ご希望は人それぞれです。私どもでは、患者さまのお悩みやご要望に応えられる被せ物や治療法をご提案します。歯科医師が一方的に治療を決定して進めることはありません。患者さまのお話をきちんとお伺いした上で治療を進めてまいりますので、ご安心いただけるのではないでしょうか。

歯科技工所と連携、一人ひとりにあった治療

歯の詰め物・被せ物や入れ歯は、歯科技工士という専門家が歯科技工所で作製します。技工士や技工所にはそれぞれ得意分野があり、入れ歯の技術が優れた技工所(技工士)もあれば、詰め物・被せ物に秀でた技工所(技工士)もあります。この得意分野と歯科医院の依頼を合致させることが、より良い入れ歯や詰め物・被せ物を作製する秘訣です。

当院は、開院前から32年来(※)にわたり付き合いのある歯科技工所に作製を依頼。この技工所は、白い詰め物や被せ物など自費治療を得意としています。

お口の中での調和を重視しています

よりご満足いただける詰め物・被せ物をご提供するため、症例によって当院では患者さまの口元や歯の写真を撮影いたします。

撮影画像を見て、歯科技工士が患者さまの口元全体や周囲の歯の色・形を確認。さらに写真だけでなく、患者さまの性格や雰囲気も技工士に伝えます。細かな情報を連携することで、お顔全体に調和するだけでなく、より患者さまの雰囲気にあった詰め物・被せ物をご提供できるようになります。

また、必要に応じて歯科技工士が直接治療に立ち会い、患者さまのお口を確認する場合も。一般的に、技工士は患者さまにお会いしません。それでも当院が立ち会いを実施する理由は、詰め物・被せ物がお口の中で自然に調和することを重視しているからです。

※2021年現在

オールセラミック

土台と被せ物、すべてにセラミック素材を使用した被せ物です。金属をまったく使っていないため、歯ぐきの黒ずみが起こらず審美性が保たれます。金属アレルギーの方にも安心です。

オールセラミックの被せ物 11万円~13万円(税別)

ジルコニア

セラミックの一種で、強度に優れた素材です。表面がなめらかで汚れが付きにくいため、清潔に保ちやすいのが特徴です。

ジルコニアの被せ物 11万円~13万円(税別)

メタルボンド

金属の表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。金属を使用しているので、強度に優れている反面、経年とともに歯ぐきに黒ずみが出てしまうこともあります。

メタルボンドの被せ物 11万円~13万円(税別)

ゴールド

金を使用した被せ物です。身体になじみやすく歯によく適合するので、虫歯の再発を防ぎやすくなります。天然の歯に近い硬さなので、噛みあう歯がすり減るのも抑えられます。

ゴールドの被せ物 8万円~10万円(税別)
ゴールドの詰め物 5万円~7万円(税別)

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(プラスチック)を融合させた素材です。審美性の高い白い詰め物ですが、レジンが劣化するためオールセラミックのものより変色の可能性が高くなります。

ハイブリッドセラミックの詰め物 5万円~6万円
(税別)

ラミネートべニア

歯の表面を少しだけ削り、薄い板状のセラミックを貼り付ける治療方法です。歯の変色を改善できます。軽度なすきっ歯など、歯の形を整えることも可能です。

ラミネートべニア 8万円~10万円(税別)

治療名:セラミック治療
治療の説明:見た目や噛み合わせなどの改善を目的に、人工の歯(かぶせもの)で補う治療法です
治療のリスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は材質や個人差によります)。歯の状態によっては神経の治療が必要になる場合があります。治療時に出血を伴う可能性があります。

治療名:ラミネートべニア
治療の説明:歯の表面を薄く一層削り、その上に薄い板状のセラミックを貼り付ける治療法です
治療のリスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差によります)。治療時に出血を伴う可能性があります

治療名:ゴールドクラウン・ゴールドインレー
治療の説明:金を用いた詰め物・被せ物。強度が強く安定して使用できます。また、適合も良いので2次的な虫歯にもなりにくいです。
治療のリスクや副作用:土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は材質や個人差によります)。歯の状態によっては神経の治療が必要になる場合があります。治療時に出血を伴う可能性があります。

白い詰め物・被せ物治療の流れ

検査

検査器具やレントゲンで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

歯を削ります

詰め物や被せ物の土台になる歯を削ります。

詰め物や被せ物を装着

詰め物や被せ物を装着します。

メインテナンス

詰め物や被せ物を長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

診療時間

×

診療時間:10:00~18:30

※土曜・日曜・祝日も通常通り診療しております。
休診日:水曜

04-7148-2080

〒277-0842
千葉県柏市末広町 1-1 柏高島屋ステーションモール8階

JR「柏駅」、東武アーバンパークライン「柏駅」西口直結